昭和10年頃
明治生まれの(故)重人、(故)やよゐ
大正15年生まれ(定一)
昭和3年生まれ(今人

昭和34年元旦
(故)祖父母。父(定一)、母(もと子)
姉(美須々)、私(啓子)
ちょっと昔話
私が小さい頃の記憶

私がまだ幼い頃、家には牛を飼っていました。
私のおじいちゃんが手綱を持ち、牛車に乗っかって畑に行ったことを微かに覚えてます。
私の母はおじいちゃんと一緒に農作業を頑張り、お店もしていたし大変だったようです。
今の生活からは想像も出来ませんが昔はお店をしながら田んぼに、果樹に、いろいろやっていて
ガスコンロとか洗濯機とか掃除機とか便利な道具もなく、
昔の人はスーパーマン???どうやって過ごしてきたのか不思議に思います。
あの頃は時間がゆっくり流れていたのでしょうね。


我家の生活

家のお店では色んな物(お酒、酢、味噌等)を量り売りをしていました。
お酒は酒樽から栓を抜いてこぼさないように枡に移して、
お客さまの持ってきた瓶に漏斗を当てて量ったお酒を慎重に流し込む。
子供ながらによくお手伝いしたものでした。
イヤイヤでしたがおばあちゃんに頼まれてお酒の配達もしました。
小学校の決まりで乗ってはいけない道路を大人の自転車に乗って配達に行き、
しっかり同級生に目撃され次の日の学級会で怒られた苦い思い出もあります。

それから…家には犬も猫も鶏も飼っていて池には金魚もいて…賑やかでした。
学校から帰って来て鶏が首筋を切られて逆さまに釣る下げられている日は「かわいそう」って
思う前に「今夜はおご馳走だぁ。」と、子供心に喜んだものです。
今思えば料理してくれたおばあちゃんと母はすごかったなぁ。。。
スクーターで勇ましく配達をする母、農作業も、家事もなんでもできちゃうすごい母。
厳しくて子供心に怖い存在だったけれどそんな母のうしろ姿を見て育ちました。
父はお勤めだったせいかたまに家にいる時はいつも寝っ転がってTVのチャンネル権を一人占め。
子供の私は「パーマン」が見れなくて悲しかったなぁ…でもよく遊んでくれた楽しい父でした。
犬や猫ともよく遊びました。私にとっては大事な存在で大人たちが忙しいから随分慰めてもらった気がします。
唯一鶏とは仲良くできませんでした。産みたての卵を手にするのはちょっと感動でしたが
小屋の中へ取りに行くのがとても怖くて嫌いでした。
親に内緒で池の金魚で魚釣りをしたり、遊んでいて足中蜂に刺されて大泣きした事もあり、
どんくさいマヌケないたずらっ子だったような気がします。

小学校3年生の時、初めてカラーテレビが家にやってきて色がついているテレビにワクワクしたこと。
洗濯機、掃除機、冷蔵庫、車といった便利な生活用品もどんどん充実してきて
目まぐるしく生活が変わってきました。
昔、家の周辺には、

銭湯もあったし、いります食堂もあったし、養老と言うお菓子屋さんもあったし、
一時でしたが家の前にパチンコ屋さんがあった時もあったし、王将という飲み屋もあったし…
昔は賑やかな場所でした。
家名を聞けば油屋とか酒屋とか下駄屋とか桶屋とか・・・いろんな家名を持つ家があって
私の知らないもっと昔にはいろんな商売をしているお家があったんだなぁってびっくりです。

うちの家族

故人、私のおじいちゃんは氷室で生まれ育ち、おばあちゃんは岡田松岡で生まれ育ちました。
結婚を機に今井に来て二人で酒屋をはじめました。
そんな二人から生まれた父は今井で育ち、洗馬の太田で生まれ育った母と結婚しました。
そして姉と私が生まれ、姉は広丘に嫁ぎ、
私は生坂で生まれ育った主人と一緒になりました。
三人の子供に恵まれましたが皆それぞれ成人し家を出て家庭を持ち頑張っています。
私の父は要介護でデイサービスに4年ほどお世話になりましたが…
平成25年6月20日亡くなりました。
母は持病を抱えながら亡くなるちょっと前まで気丈に過ごしてくれました…
平成29年6月28日に亡くなりました。
両親の事は未だに想い出されては切なく寂しい気持ちでいっぱいです。
自分の体調と重ね合わせては母も苦しかったんだろうか
痛かったかな?辛かったかな?私がそばにいて両親は嬉しかったかな?
もっとああすれば良かったとか、こうすれば良かったとかいろんな思いが巡って
後悔は尽きません。

めまぐるしく変わる社会情勢に田舎の小売店は立ち行かなくなり
私も年を重ねるごとにヤル気も体力も欠けてきて
お店を続けることが難しくなってきました。

近年は自然災害が頻繁に起こり、また今年は新型コロナウイルスのせいで
世の中の当たり前だった事がガラッと変わってしまい…これからは
色々考え方や生活も見直さなくてはいけないのかもしれないと思うこの頃です。