ファーマシー通信

backnumber

ファーマシー通信 (2018.04)

暖かいというよりも、暑いという日が続く今日この頃。国宝「松本城」の桜もいよいよ咲き始めたそうです。県内でも有数の人気のお花見スポットであり、ソメイヨシノやシダレザクラ、ヤエザクラやコヒガンザクラなど、約300本の桜が城郭とお堀を囲んで咲き誇る姿が見られます。昼は雪の残る北アルプスを、夜はライトアップされた松本天守を背景に美しい桜の風景が楽しめます。桜の花言葉は、優れた美人、純潔、精神美、淡泊とたくさんあります。ぜひ、お花見をしながら、花言葉のうんちくを語ってみるのもいいかもしれないですね!!

「頼ればいい」
~ 無理して頑張るほど うまくいかないこともある。
  不安でいっぱいで 周りが見えなくなることも、
  どんどん悩みを抱え込んでしまい、余裕がなくなることもある。
  頑張っているのにうまくいかなくて 殻にこもってしまうこともある。
  一人で抱え込まなくていい。できることは限られているから・・・
  時には誰かを頼ってもいい。強がっても何も変わらないから・・・
  自分の弱さを見せることで、前に進めることもある。 ~

どんなに頑張っても頑張っても、長い人生の中では空回りして先に進めなくなってしまうことがあります。順風満帆に勢いよく過ごしている時には気づきませんが、挫折して自分の弱さを受け入れた時、一人よりも仲間と寄り添うことで前を向くことができる時もあると思います。今年で社会人3年目の娘にも後輩が出来ました。人に教えることの難しさと、先輩と後輩とのパイプ役を担うようになったことで悩んでいる時期もありました。そんな時、同期や先輩、上司の存在は大きかったようで・・・今では解決していける環境が整っていることに安心でき、見守ることしかできない親としてとても感謝しています。

S.A