ファーマシー通信

backnumber

ファーマシー通信 (2010.06)

6月も半ばになりました。去年は、梅雨の時期が長いなぁ~と感じた覚えがありますが・・・今年はどうでしょうか?
もうすぐ、今月の第三日曜日は父の日です。父の日とは、父に感謝を表す日。1909年に、アメリカ ワシントン州のJ.B.ドット夫人が、彼女を男手ひとつで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月6月に、父の日礼拝をしてもらった事がキッカケと言われています。当時、すでに母の日が始まっていた為、彼女は父の日もあるべきだと考え・・・「母の日のように、父に感謝する日を」と牧師教会へ嘆願して始まったそうです。母の日の花が、カーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。ドット夫人が、父の日に父親の墓前に、白いバラを供えたからとされているそうです。
毎年、父の日には何かしらプレゼントを用意していましたが・・・今年は、実家の父が亡くなっていないので、何故か寂しい父の日です。実家が遠いので、毎年宅急便で送っていたのですが、届いた夜には、電話で父の優しい恥ずかしそうな声で「ありがとう。」と言われるので・・・今年の父の日は、そんな父の声も聞けなくなって・・・凄く寂しい感じです。

S.A