ファーマシー通信

backnumber

ファーマシー通信 (2010.03)

最近は、春が近いかなぁ~っと思わせてくれる様な暖かい日が続くと思ったら、寒くて雪の舞う冬に逆戻りしてみたり・・・とコロコロ変化する天気についていくのが大変です。今年は少なめ・・・と言われていますが、お約束通りといわんばかりに花粉症も始まってしまった私です(><)
今月は、卒業式を2つ控えていますが・・・それぞれに違った卒業式が見れると思っています。今から心なしか楽しみです。
卒業というと・・・私が思い出すのは、息子の中学の卒業式です。子供たちが、先生へのお礼の言葉の中に「先生は、金八先生よりすごい先生だよ。」と涙ながらに読んでいた光景を思い出します。最近の中学生は、クールで冷めている感じですが・・・聞いていたらこちらの涙まで誘われてしまうような雰囲気の卒業でした。
もうひとつの卒業の思い出は、娘のミニバスの卒団式です。子供と一緒に、試合のたびに追っかけをしていた時を思い出し、怪我をしてみんなに不安な思いをさせてしまったことや、負けて悔しい思いをしたこと、勝って一緒に笑ったこと・・・色々な思い出がパノラマのように頭の中を駆け巡って・・・コーチへのお礼の言葉の時に、子供のようにワンワン泣いていたことを思い出します。
感無量というのは、こういうことなんだ・・・と気付かせてくれた大切な記憶です。

S.A