季節や歳時記におもてなしの想いを込めて...

ご予約・お問い合わせは TEL.0263-32-8000

結納の儀

結納は、日本の長い伝統につちかわれた大切な儀式です。
しかし近頃は現代の生活に合うように簡略されつつ、
お顔合わせを兼ねての婚約式という位置づけで行われる場合が
主流となっております。
いずれにしても“結婚”という一大イベントへの
はじめの一歩ということには変わりはありません。
ここでは、主流となりつつある
“仲人を立てずにご両家のみで行う”
ご結納の儀の流れをご紹介させていただきます。

地域やご両家のご意向で、
結納の進め方はさまざまです。
ご希望・ご不明な点など
何なりとご相談くださいませ。
また、結納品・由緒書手配
筆耕なども承っております。
ご結納の流れ
◎仲人をたてずにご両家のみで行う場合
1. はじめの挨拶
新郎父(または進行役)の挨拶で結納がはじまります。
2. 結納の儀
ご両家の家族が新しい絆で結ばれたことを祝い、
もらう側の誠意の心を形にして納める...
つまり「結び納める」のが結納の意味です。
そして、二人のご婚約を正式なものにする役割もあります。
3. 記念品の贈呈
婚約の証として、婚約指輪を贈ったり、
記念品を交換したりします。

結納品の組み合わせ(九品の場合)

1.金宝包

女性に対しては「御帯料」、男性に対しては「御袴料」としていわゆる結納金を包む。

2.勝男節(かつおぶし)

鰹節。不時の場合の備えとして長く保存できる食料。剛毅な男性の象徴とされています。

3.寿留女(するめ)

鰹節と同様に長く保存できる食料。女性をあらわします。

4.子生婦(こんぶ)

昆布。子宝に恵まれることを意味し、子孫繁栄を祈ります。

5.友白髪(ともしらが)

麻糸。夫婦そろって白髪になるまでという意味で、長寿と健康への祈りをこめて。

6.末広(すえひろ)

純白無地の扇子。潔無垢(むく)とともに、末広がりの縁起から。

7.家内喜多留(やなぎたる)

酒を入れる柳樽のこと。一家の幸せを意味するものです。

8.長熨斗(ながのし)

あわびののしで長生不死の象徴です。

9.目録

4. 結びの挨拶
新婦父の謝辞と、新郎父(または進行役)の挨拶で
結びとなります。
5. 記念撮影
結納品を前に一同で記念写真を撮ります。
6. 会食開宴
新郎父の乾杯で祝宴がはじまります。
7.おひらき