くれき野生産組合は、信州の環境にやさしい農産物を生産する、農業者集団です。

TOPICS


topicsの画像
「くれき野米」は、科学肥料を全く使わず、農薬は除草剤のみを使用した、長野県の「信州の環境にやさしい農産物認証50」を取得したお米です。

くれき野生産組合ブログバナー
  1. 今年のコスモスまつりには多くの皆さま方にご来場いただきましてありがとうございました。来年も新村下新北地籍で1haくらいのコスモス畑が出現しますので楽しみにしていてください。

          

          

祭り
祭り

10月12日のコスモス状況
(パノラマ360度写真 ⇒ クリックしてご覧ください)

          

2016

10月 2日のコスモス状況
2016

          

新機械倉庫が完成しました(8月27日竣工)

          

倉庫3

NEWS


2016年

10月15日 「2016コスモス祭り」を開催しました。

8月27日  機械倉庫が竣工しました

5月 8日  新機械倉庫の地鎮祭を執り行いました。

 

2015年

11月29日  「2015年そば祭り」を開催しました。

10月24日  「2015年コスモス祭り」を開催しました。

 

2014年

11月30日  「第5回 くれき野そば祭り」を開催いたしました。

10月18日  「2014年コスモス祭り」を開催いたしました。

9月25日  ブログはじめました。
9月24日  Webサイトをリニューアルしました。

2013年
11月1日  くれき野生産組合設立20周年記念プレゼント。当選者発表
2月18日  農業環境を加えました。


生産商品


「28年産くれき野米 販売を開始」

有機・減農薬で栽培し、県の環境にやさしい農産物認証を取得して6年が経過しました。安全で美味しいお米が売り物です。 毎週水曜日にくれき野精米所で買うことが出来ます。 今井道の駅、ファーマーズガーデンでも販売しています。

◇ コシヒカリ (有機低農薬・くれき野米)
      10kg ‥‥‥ 4,000円
       5kg ‥‥‥ 2,000円くれき野米


◇ 味 噌   (有機低農薬・くれき野米/地元産大豆使用)
       1kg ‥‥‥   650円

【お問い合わせ・注文連絡先】
  くれき野生産組合   TEL : 090-3440-7778

 ※  お届けする商品は平成28年度産(新米)です。
 ※  送料は着支払でお願いいたします。
 ※  お支払は当面現金前払い、(送金料は元支払 お振込み確認後 翌日発送)

 ※ 12月にはくれき野米を使った日本酒「くれき野酒」も販売する予定です。

 

 

「くれき野味噌」

有機・減農薬で栽培したお米と、麦のあと栽培した大豆を使って、市内の味噌屋さんに作っていただいた味噌です。地元の食材をふんだんに使った、美味しい味噌になりました。
サイズ 500g、1㎏、5㎏くれき野味噌

 

「もみがら薫炭」

冬場の仕事に、もみがら薫炭を作っています。 容量は12ℓですが、希望により応じます。

注文単位:1箱(10個)

もみがら薫炭

サービス一覧


「コスモス畑」

「コスモス畑」" 組合では毎年、麦刈り後のほ場にコスモスの種をまいて一面にコスモスの花を咲かせています。面積は毎年1ha以上で、雄大な北アルプスなどを背景に多くの方々に喜んでいただいております。10月中旬の花が見頃の頃には毎年「コスモス祭り」を開催しており、新米の販売や新米を使った五平餅、朝とり野菜、果物などを販売しています。

 

「そば祭り」

「そば祭り」" 麦を収穫した後、そばの栽培も行なっています。毎年11月下旬から12月上旬にかけて、そば打ち講習会を開き、近隣の人達に食べていただきます。その後のスタッフの慰労会が楽しみです。

 

「餅つき」

「餅つき」"やっぱり餅は、このように作ったほうが美味い。 切り餅は、ビニール袋に入れてのばし、そのまま保存して置くとかびないことを教わった。

 

「くれき野ガーデン」

「くれき野ガーデン1」"自家用野菜を作ってみませんか? 家族で作った野菜を食べるのが、いちばん安心です。 市民農園では狭すぎる方のために、広めに区切って貸し出します。

 

「くれき野ガーデン2」"基本的な農機具は準備しました。
場所は、くれき野ライスセンターの近くです。
作り方等のアドバイスも致します。
堆肥・稲わら無償で使えます。

 

農業環境・教育ファーム


「梓川」

「梓川」" 私達が「くれき野米」生産に使う水は、北アルプスの槍ヶ岳や穂高岳から上高地へ下り、乗鞍岳からの水と合流し梓川となって、犀川・千曲川・信濃川となって日本海まで行くのです。

 

「榑木川」

「榑木川」" 室町時代以前、梓川の流れは、宮淵付近で奈良井川と合流していたため、この付近からの氾濫が絶えませんでした。 松本城主で最も財力あった石川数正・康長親子の代に、今のように北へ流れを変えたとされている。
支流となった「古梓川」を島々谷からの榑木を流したため、いつしか「榑木川」と呼ばれるようになった。

 

「米作日本一」

「米作日本一」" 昭和24年から20年間つづいた、朝日新聞の「米作日本一競励事業」に、新村から2名、3回もとっている、努力家が育っている穀倉地帯です。

 

「種蒔き」

「種蒔き」; 4月中旬、班毎に一人2列に種をまき、水をかける。 保温マットをかけて、ビニールをかぶせて、ハウスで管理。 私達(農家先生)とは、初対面でもあり、初めての作業なのか、子供達の動作がぎこちない。

 

「田植え」

「田植え」" 5月下旬、前の日に筋つけをしておく。
水をしっかり抜かないと、筋が見えなくなり、ぐちゃぐちゃ。

 

「草取り」

「草取り」" 除草剤を使わないので、気象条件により、3回取っても取りきれない年もある。
昆虫観察は一番楽しい時間のようだ。

 

「稲刈り」

「稲刈り」" 刈取り、たばね、はぜ掛けをする。
たばねは初めて経験する縛り方なので、難しいようだ。

 

「脱穀」

「脱穀」" 脱穀では、千歯こき、足踏み脱穀機、ハーベスタ、トウミ等を使って行ないます。

 

「収穫祭の発表」

「収穫祭の発表」" 収穫祭では普通のおにぎりと、古代米を5%ほど入れたおにぎりを食べました。
1年間稲作りで体験したこと、調べたことを発表してくれます。

 

組合概要・カレンダー


方  針

私達は、農業機械の共有化による生産経費の削減と、環境と食の安全を考え、化成肥料と農薬を出来るだけ抑えた農業を進め、後継者が育つ集団として、幅広く事業を行ないます。

代表者

北原 剛志

本社所在地

〒390-1241
長野県松本市新村下新3375-1
TEL 090-3440-7778
FAX 0263-88-3734

設 立

1994年

組合員数

28戸(うち 島内地区2戸、梓川地区1戸)

役 員

組 合 長  北原 剛志
副組合長 岩間 克博 北原 剛弘
監   事  北原 明夫 黒田 謙次
会計担当 山下 今朝男
生産部長 黒田 由三
販売部長 北原 清志
企画広報部長 髙山 太久郎

取引銀行

JA松本ハイランド

 

 

沿革



1994年9月

3戸で設立

1995年2月

第1回総会 新加入者14戸

2000年11月

くれき野酒の委託製造を開始

2004年10月

休耕田を利用してコスモスを咲かせる

2006年4月

芝沢小学校5年生を対象に食育授業を開始

2007年4月

有機減農薬米生産開始

2010年10月

信州の環境にやさしい農産物認証 米 50-00184 を取得

2014年10月

風土Link様(東御市)を通じて有機減農薬米の輸出を開始

2018年8月

新機械倉庫が竣工

お問い合わせ


くれき野生産組合

390-1241
長野県松本市新村3375-1
  TEL. 090-3440-7778
  FAX. 0263-88-3734