五月人形2017終了
■盆ちょうちん2017終了
角字の家紋

ひな人形の選び方

お雛さまはお子様にとって一生のお守りであり、宝ものです。じっくりお選びください。
数あるお人形から一つに絞るのは楽しいですが大変です。まず、飾る場所をイメージして大体の大きさを決めてください。
何人飾りにするかも大事なポイントです。最近は三段五人飾りと二人の親王飾りが主流です。飾る場所にも影響してきます。
価格はさまざまです。価格のポイントは
●大きさ(いちがいには言えません。小さくても高価なものもあります)
●着物の素材(西陣織り、帯地、などなど)
●仕立ての仕方、お人形の作り方(襲の枚数、正面からは見えない裾の作り方など)
●段・屏風・道具などの付属品
購入のポイント
●頭:お顔の表情はさまざまです。やはりお気に召したお顔は大切な要素です。
●衣裳の素材:古典文様(唐花文、雲立涌、唐草など)を織り込んだ西陣が主流です。刺繍、草木染、帯地、龍村裂、麹塵などあります。
●衣裳の色:十二単衣(じゅうにひとえ)はいろいろな色の衣裳を重ね(襲)た平安時代のおしゃれです。重なった色のハーモニーが重要です。
金糸などを使った豪華な衣裳が主流ですが、渋めの色彩のお人形も上品で人気があります。
飾る場所があれば、官女まで付いた五人飾りを購入される方が多いようです。賑やかな飾りになるし、お子様は人数が多い方が楽しいようです。幼稚園のころは人形を主人公にあたまの中で物語を空想します。また、大切な人形をお子様が手にとってみることも重要です。是非お子様とご一緒に人形をお飾りし、一緒に仕舞われてください。(テレビ「トコロさんの目がテン」によるとお人形を手に取るとお子様の脳の反応がが活発になるそうです)
最近は住宅事情から、お人形は小ぶりになりますが収納タイプが人気です。最近は五人飾りの収納タイプが人気です。仕舞う時に一個口になって便利ですが、その一個の重さが20kgほどになるものもあり、その点が弱点です。
雛人形は平安時代の王朝文化を参考にしています。大きな戦乱もなく平和で日本の文化が芽生え、発展した時代です。
お子様が平和で穏やかに、またすこやかに成長されることを願いお雛さまをお飾りしましょう。



 

長野県松本市笹賀7600-12 松本流通団地
人形の遠條(株式会社遠條商店)
TEL:0263-58-0556 FAX:0263-58-1427
営業時間 午前9時30分〜午後5時30分

HP管理者:専務取締役 猿田敏行