創業明治43年
長野県松本市笹賀7600-12
TEL:0263-58-0556 Fax:0263-58-1427
■ひな人形2019 吉徳大光、久月、東玉、スキヨ人形研究所、真多呂、柿沼東光、清水久遊、樋泉円。小出松寿、後藤由香子、千匠人形工房、祐月、他

吉徳大光 305514
樋泉円作 京十番御雛
誉勘商店金襴
メーカー希望小売価格

289,440円(税込)
間口80奥行45高さ42cm

誉勘商店(こんかんしょうてん)
金襴発祥の地、京都で250年以上に亘り正絹西陣金襴に拘り続ける京都を代表する老舗の金襴専門店の衣裳です。
【樋泉円】ひいずみまどか略歴
1941年昭和16年山梨県生まれ。人形の持つ愛らしさに魅せられて、着付師先代津田蓬生に師事し、十数年にわたりその名人芸を学んだのち、1983年に独立し、製作活動を開始しました。製作は本仕立ての衣裳を着せ付けるため、非常な手間と技術を要します。男雛の平緒と女雛の裳はのり付けされず、実物と同様に取り外すことができます。また、胴体には型くずれや虫害の心配の少ない桐材を使用。目に触れない部分まできちんと仕上げられたお勧めの一品です。







吉徳大光 305514
樋泉円作 京十番御雛
誉勘商店金襴
メーカー希望小売価格

289,440円(税込)
間口80奥行45高さ42cm

誉勘商店(こんかんしょうてん)
金襴発祥の地、京都で250年以上に亘り正絹西陣金襴に拘り続ける京都を代表する老舗の金襴専門店の衣裳です。
【樋泉円】ひいずみまどか略歴
1941年昭和16年山梨県生まれ。人形の持つ愛らしさに魅せられて、着付師先代津田蓬生に師事し、十数年にわたりその名人芸を学んだのち、1983年に独立し、製作活動を開始しました。製作は本仕立ての衣裳を着せ付けるため、非常な手間と技術を要します。男雛の平緒と女雛の裳はのり付けされず、実物と同様に取り外すことができます。また、胴体には型くずれや虫害の心配の少ない桐材を使用。目に触れない部分まできちんと仕上げられたお勧めの一品です。

 

電話 0263-58-0556 あるいはメールにてお問い合わせください。

長野県松本市笹賀7600-12 松本流通団地
人形の遠條(株式会社遠條商店)
TEL:0263-58-0556 FAX:0263-58-1427
営業時間 午前9時30分〜午後5時30分

HP管理者:専務取締役 猿田敏行