創業明治43年
長野県松本市笹賀7600-12
TEL:0263-58-0556 Fax:0263-58-1427
■ひな人形2019 吉徳大光、久月、東玉、スキヨ人形研究所、真多呂、柿沼東光、清水久遊、樋泉円。小出松寿、後藤由香子、千匠人形工房、祐月、他

■五月人形2019 甲冑師:小柴鑚穂(こしばさんすい)、鈴甲子雄山、中村宗光、
利光、早乙女幸隆、三世別所実正(べっしょじっしょう)、平安一水、加藤鞆美(かとうともみ)、
辰広、上原玉鳳、平安武久、加藤峻厳、小笠原甲匠、幸一幸、原孝州、壱三、忠保、保広,
大岡一甲(順不同)等

■盆ちょうちん2018 終了しました
家紋 角字の家紋

五月人形、鯉のぼり絶賛販売中!

5月3日まで期間中無休で営業いたします。営業時間:午前9時〜午後5時30分


戦国武将兜の前立のはなし 
戦国武将の兜は武将の哲学・信仰などを投影した装飾が施され個性的な物が多数あります。それは武将が己を象徴し、権威を示し、部下の士気を鼓舞する役割に繋がってたと考えられます。諸説あると思いますが簡単に言うと、こうなんじゃあないかと思います。
伊達政宗 上杉謙信   真田幸村 徳川家康
 

伊達政宗の兜は三日月型の前立が、また上杉謙信の兜は太陽を表す日輪と三日月の前立が特徴的です。戦国武将の間では妙見信仰が盛んでした。妙見信仰とは仏教の菩薩信仰と中国の道教の北極星信仰、さらに密教、陰陽道などが習合したものです。常に中心にあり続ける北極星を星々を統率する宇宙の中心として神格化し、妙見菩薩に神のご加護と武運を祈願しました。
北極星や月、太陽など宇宙全体の星々を信仰の対象としたため伊達政宗は兜の前立に月を、旗印に太陽を用いました。上杉謙信は兜の前立に月と太陽を、旗印には毘沙門天の「毘」を用いました。毘沙門天は北方の守護神として北極星や妙見菩薩と同一視されたからです。

 

真田幸村の兜は脇立の鹿の角と前立の六文銭が特徴的です。
鹿は古来から神獣とされ神の使いとして霊的な存在と見られていました。鹿を神使としているのは奈良の春日大社、茨城県の鹿島神宮、広島県の厳島神社です。険しい山道を颯爽と駆け抜ける姿が神秘的な力を持つように見えたことからとおもわれます。実は、雄々しく勇ましい鹿の角の兜は当時の戦国武将の兜に多く用いられています。徳川家康の家臣である本多忠勝、酒井忠次、長宗我部元親の長男・信親、尼子師氏重臣・山中鹿介等ですがやはり真田幸村が一番有名です。また前立の六文銭は、三途の川の渡し賃ということで、死を恐れぬ覚悟の表明だといわれています。ちなみに真田幸村(信繁)の兜は、九度山で共に幽閉生活を送っていた頃、父・昌幸より授けられた物だといわれています。

徳川家康の兜の前立は歯朶の葉をモチーフとしています。歯朶は山野に自生し、生命力が強いということ。また歯朶の文字の「歯」は齢(年齢、よわい)を、また「朶」は枝を表していて、長生きし子孫繁栄を願ったとされています。


Lucky cat 柿沼東光木目込人形 招き猫
「招き猫」は古来より、開運招福や千客万来、商売繁盛をもたらす縁起の良い置物として、多くの日本人に愛されてきました。右手を挙げている猫は金運を招き、左手を挙げている猫は人(客)を招くとされています。「風水」では色によって意味が異なり、青色は「学業向上」や「交通安全」、赤色は「恋愛」、黒色は「厄除け・病除け」の意味を持つと言われています。
また柿沼東光では、招き猫の目にスワロフスキー、鈴にパワーストーンをあしらい、胴体には絹地のほかプリント布や革など、従来の木目込みにはなかった素材を取り入れることにより、招き猫の新しい世界観を創造しています。

2202-12
招き猫(中)
風水:金
【金運】

H115*W85*D75mm
6,048税込
2202-07
招き猫(中)
風水:桃

【美容・幸運】

H115*W85*D75mm
5,400税込
2202-06
招き猫(中)
風水:紫
【能力発揮。リラックス】
H115*W85*D75mm
5,400税込
2202-10
招き猫(中)
風水:黒

【魔除け・厄除け】
H115*W85*D75mm
5,400税込
2202-11
招き猫(中)
風水:白

【無垢・リラックス】
H115*W85*D75mm
5,400税込
2224-01K
招き猫(小)
金彩

H100*W65*D55mm
21,600税込
2220-01
招き猫(小)
光彩

H100*W65*D55mm
6,804税込
2212-06
招き猫(大)
星に願いを

横段織
H155*W70*D90mm
7,668税込
2212-02
招き猫(大)
星に願いを

ちりめん多色
H155*W70*D90mm
8,424税込
上原装子作
古裂創作人形
うさぎひな

巾約60高さ約35mm
210,600税込
           


その他営業品目
お祭り用品

プリントTシャツ

     

明治43年創業【人形の遠條】(にんぎょうのえんじょう)のホームページへようこそ。
弊社では吉徳大光、久月、東玉他有名人形工房ひな人形、五月飾りを中心にご紹介しております。
当ホームページではお人形をなるべく詳しくお伝えしようと思っております。しかし、写真なのでモニターの解像度などの制約があり、充分には再現し、お伝えできないと思います。やはり衣裳の色彩、素材感、手触り感など重要な要素は現物をご覧頂きたいと思います。また、衣裳の柄の出方などにより写真と異なる印象の場合もありますが、その点は容赦ねがいます。
商品は在庫を充分ご用意いたしましたが、一点限りで製作された人形もあり、品切れの節はご容赦ねがいます。

電話 0263-58-0556 あるいはメールにてお問い合わせください。


長野県百年企業
<信州の老舗>
として認定され
ました


Last Up Date 2019.03.08


  • 雛人形の歴史と郷土松本の押し絵雛
  • ひな人形の選び方
  • 男雛・女雛の左右はどちらが本当?
  • ひな人形は誰が買うの?
  • 次女・三女が生まれた時は?
  • 仕舞うのが遅れると、お嫁に行くのが遅くなる?
  • 初節句のお返しは?

長野県松本市笹賀7600-12 松本流通団地
人形の遠條(株式会社遠條商店)
TEL:0263-58-0556 FAX:0263-58-1427
営業時間 午前9時〜午後5時30分
年末年始休暇:12月29日〜1月1日
1月2日より5月3日まで休まず営業致します。

HP管理者:専務取締役 猿田敏行